セミと梅雨明け

セミが一斉に鳴き始めた。梅雨明け。
2日前に、庭木の剪定をしていて、セミの抜け殻を見つけた。
気象庁の梅雨明け宣言より、一歩先行くセミの鳴き声。
夏本番。

Google Map のストリートビューが新しくなってた

自宅周辺の地図を見ていたら、ショッピングセンターがきちんと記載されている。
しかも、ストリートビューも更新されている。
新しいショッピングセンターに変わっている。よく見ると、過去のストリートビューも見られるようになっている。
ちょうど工事前と
凸版印刷跡地
工事後のような
ゆめタウン玉名開業
様変わりを見られるなっていた。
実際のストリートビューアは、さらに古い、工事前のさらに前の、印刷会社の立体倉庫が見られる。
ストリートビューアは、地図より頻繁に更新されている。

木曜日は、レジ待ちマナーデー!

先週、レジ待ちで、順番を譲られた。
本日、同じスーパーでバーター1個を持ってレジに並ぶと、前の方が、1個なら、先にどうぞと、レジ待ちの順番を変わってくれた。
木曜日はレジ待ち順番譲りデーなのか?
「商品点数の少ない人専用レジ」が設置されているところがあるとは、聞いたことがあるが、レジ待ち譲りなど聞かない。
高齢のご婦人方の配慮には感心します。
ありがとうございます。

牛乳買ったら、「こころ」の栄養付き

風の症状からの回復に、栄養をつけようと、牛乳を買いに行く。
お気に入りの牛乳だけ、棚が空っぽ。
その隣に、パッケージの文言からはいかにも栄養価が高く、ナチュラルそうな牛乳があるが、どれも通常の高温殺菌牛乳だけ。
低温殺菌牛乳は、安定して売れているが、入荷量が少ない。
良く売り切れになっている。
お昼を挟んで、3時間後改めて、買いに行くと今度はあった。でも1本だけ。
その1本をもってレジにいくと、どのレジも少し並んでいた。
買い物かごの量と、人数から、早そうなレジの列にならぶ。
すると、次が自分の番になった人が、後ろを振り向き、私を見るや、「どうぞ」と言って押していたショッピングカートとともに私の後ろ移動された。
なんという思いやりのある行動、自分の買い物の品数が多くて後の人を待たせてはいけないと思われたようだ。
すぐに、私のレジは終了。
「お先しました」とあいさつすると、「いいんですよ」と返答された。
実に、すがすがしい方だった。
体に栄養をつけようと牛乳を買い行ったが、それより、効果絶大な心の栄養までいただいた。
ありがとう。

声がでない

朝、ご近所さんと挨拶をしようと、「お・・・」。声が出ない。
やっと、裏返った声で、「おはようございます」。
実は、日曜日の清掃作業中に草が、口に入ってそれから、喉が痛かった。
翌日午後から、悪寒がしてだるい、熱めの風呂に入って、そのまま14時間睡眠。
汗も出て、全身症状は消え、気分爽快といきたいところだが、喉のいがらっぽさは消えない。
で、最後に、症状の出始めの喉の不調だけが、残っている。
不意に、声を出したり、電話の時に、聞くに堪えない(しゃべるに堪えない)ジャラ声になってしまう。
教訓:
最初の処置、今回は「うがい」が大事だ。

区民作業は、女性の力が大きい、しかも高齢でも活動的

本日の区民作業、地蔵堂の周りの清掃。
主に草取り、道が半分以上ふさがるように雑草がはえていた。
40分ぐらいで、だいたい作業にめどがつき、そろそろ終わりにしようとなった。
ところが、傾斜地の背の高い雑草のところを、登れるかと聞かれたので、そこに入れるような服装でないといった。
別の男性が、そこは私が別の日にするからいいよといったのでしないもと思った。
2,3分ほど別の所を仕上げて、戻ると、なんと、先ほど女性二人が、傾斜地の草を踏み倒している。
そして、ここの大きい草を誰か切ってと呼んでいる。
恐れ入った、小柄な高齢の女性が、分け入って、草をかっている。
その行動力につられて、全部刈り取ることになった。

肌は、高校生か、庭掃除の記憶

昨日に続いて、庭の剪定。
散らかった、葉を勢いよくかき集め作業と思ったら、親指の付け根付近の皮膚が薄くはがれている。
まめがつぶれた。
高校の校庭の掃除を久々にして、箒で落ち葉をかき集め時と同じ場所にまめができてつぶれた。
最近は、軍手をして作業していたので起きなかったが、今日と軍手をせずにしたので、高校の時のようにまめがつぶれた。
いまだに、高校生の時の皮膚かと、嬉やら、皮膚は鍛えられていないな。
明日の区民清掃作業は軍手をしていこう。

子供は、ゴミの中にも宝物を見いだす

昨年の夏の工事で、工事用車両が何度もこすって痛んでいて垣根がすっかり成長して道路にはみ出してきた。
早朝、垣根の剪定をする。
剪定後に切った枝や葉を集めていたら、小学生がのぞき込んで、カタツムリを見つけて手にとっていた。
小学生の好奇心は、通学路を宝探しの場に変えている。

シャンプー無し洗髪、その効果

シャンプー無し洗髪のその後。
いままで、シャンプーをすすぐときに、泡が肩から、腕にかけてかかっていいたが、この泡もかからなくなくなった。
すると、過度に皮膚の油分が流されていたのがなくなり、適度に保たれるようになった。
いわゆる、シャワーの水玉が、肌を転げ落ちる状態になってきた。
髪も、最初のぱさつく感じから落ち着つようになった。

密閉容器の罠

400グラム入りの挽いた状態のコーヒーを買って、使いやすいように半分を密閉容器に移して使っている。
残った半分は、厳重に封をして保存している。
容器移したすぐのコーヒーはとて良い風味だが、すぐに風味が落ちる。
先日、外国製の200グラム入りコーヒーをいただいたのだが、容器がなかったのでそのまま袋に入れたままにして使った。そのコーヒーの袋は、アルミ芯にした積層フィルムだった。その袋の口を折り曲げるだけで、後は輪ゴムで止める程度の簡単な封の仕方だったが、最後まで、風味を損なわずにおいしくいただけた。
結局、いかに空気に触れないようにするかが問題で、密閉していても、容器内に空気があるとすぐに風味が落ちるようだ。
これからは、コーヒーは容器に入れずに、袋の空気を抜いて保存しよう。