1. 雑記2013
  2. 22 view

ドラマで学ぶ

ドラマの制作に専門家や、脚本家の深い洞察が織り込まれていると、そのドラマをじっくり観ることで学びがある。
特に、海外ドラマは外国語習得にも効果的だ。
字幕がなく、2カ国語放送の時は、ヘッドホーンで、左右で、日本語と英語の同時に聞く方法を使っていた。
DVDだと、字幕や言語を選べるので、聞き取りの練習に都合が良い。
「NUMBERS 天才数学者の事件ファイル」は、数学の考え方たと知識、数学のおもしろさをが伝わってくる。
「ザ・メンタリスト」は、心理学的な観察力を深めるの役立つ。
「新スタートレック」は、人間性となにか、生命とはなにかを深く考えさせられた。
地デジになって、テレビ放送は見なくなった(テレビを見られなくなった)。
今は、目的を持ってドラマを観る事で、さらに学びの姿勢が強い。
(毎日が夏休み72日目)

雑記2013の最近記事

  1. 子供は、好奇心と遊びの天才

  2. 1つのイメージングが、連鎖的なジャストタイムを生み出す

  3. 美は強さだが、逆は故障を招く。

  4. 突然の出来事も、前兆はある。

  5. 室内湯たんぽ

関連記事

コメント

    • のん
    • 2013年 9月 13日

    ほぼ毎日、楽しく拝読してます。
    地デジになってテレビは見なくなった、テレビを見られなくなったって、ほんとですか。私の実家ではアナログテレビに地デジのアダプタをつけて見てますよ。

    • あっとろーかる
    • 2013年 9月 13日

    ブログを読んでいただきありがとう。
    アナログ放送が終了して、テレビを見なくなったのは本当です。大学生から、社会人になって数年間も、テレビの無い生活をしていました。起業するに等しい時期だったので、常識にとらわれない、一歩引いた感覚で、時代を見るのに都合が良かったと思っています。
    今は、一大変革期と思いますので、マスメディアに流されないためにもテレビをから遠ざかっています。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP