1. 雑記2014
  2. 5 view

半端な数字には意味がある

温水器のタンク容量が370リットル。
370と半端な数値だ。
370リットル、温水器の消費電力4KWで1時間に何℃上げることができるか計算してみる。
1時間で、丁度10℃上昇させることができる。
8時間の通電で80℃上昇させることができる。
10℃の水が90℃まで上昇させることができる。
沸騰しない範囲で設定温度が90℃までできるから、これは都合が良い。
4KW、家庭用の単相3線100Vなら200Vとして使え、屋内配線のは通常20Aまで使用できるから、4KWになる。
そして、風呂につかって、炊事に使うと、4人家族程度なら1日が370リットルでまかなえる。
最初に、370リットルに設計した人は、いろいろなところで、見事にバランスして感動しただろうな。

雑記2014の最近記事

  1. セミと梅雨明け

  2. Google Map のストリートビューが新しくなってた

  3. 木曜日は、レジ待ちマナーデー!

  4. 牛乳買ったら、「こころ」の栄養付き

  5. 声がでない

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP