1. 雑記2014
  2. 7 view

日本と勝手が違う、試してみるもんだ

インターネットのドメイン名登録の大事な手続きをすることなるので、普段契約している日本の会社だと、一部英語の案内はあるが、やり取りする相手が日本語が読めない外国人なので、メールの件名に日本が入ると見落とされる可能性があるので、米国のドメイン登録会社を利用することにした。
ユーザ登録と、登録手続きの全容を知るために、練習の意味で、ドメインの新規登録と、ドメインの移管を行った。
ドメインの新規登録は、日本の数社を利用したが、米国の会社の方がページデザインが洗練されていて簡単に行えた。登録したら、無料で使える、便利なサービスがたくさんあっていい感じ。料金も安い。
ドメインの移管。こちらが本題だが、試してよかった。
移管申請が簡単にできたと思ったが、1日たっても、次のステップに行く案内メールがこない。
そこで、改めて確認すると、料金の支払いをしただけで、申請の予約はしたが、実際の申請をしたことになっていなかった。料金支払いと、申請は別ものだった。
危うく、実際の大事な移管手続きを失敗するところだった。
練習のために事前に試してよかった。

雑記2014の最近記事

  1. セミと梅雨明け

  2. Google Map のストリートビューが新しくなってた

  3. 木曜日は、レジ待ちマナーデー!

  4. 牛乳買ったら、「こころ」の栄養付き

  5. 声がでない

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP