1. 雑記2014
  2. 6 view

「和敬清寂」の漢字が思い出せない

楽しみにしていたフォーラムに参加する。
演題は、『茶道の心と キリスト教』
講師は、真命山のフランコ神父。
話は、「和敬清寂」から始まったのだが、メモを取ろうとしたら、普段の生活態度のせいか
せいじゃくを、
せいの時を「清」ではなく「静」と書いてしまうは、
「寂」の字が、怪しげな字になってしまった。
なんだか、戒めの出だしとなったが、それが聞く謙虚さにつながって、後の話に集中できた。
講演の中で、文献で知ることより、体験が重要だと語られる。
大学時代から社会人にかけて10年の「茶道」の経験を持てたことを、貴重な出会いをしたものだと感謝する一日だった。

雑記2014の最近記事

  1. セミと梅雨明け

  2. Google Map のストリートビューが新しくなってた

  3. 木曜日は、レジ待ちマナーデー!

  4. 牛乳買ったら、「こころ」の栄養付き

  5. 声がでない

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP