1. 雑記2013
  2. 2 view

初めての路線バスは、冒険だ。

鉄道は、線路や時刻表、停車ホームが決まっているので、初めて乗る路線でも安心して乗れる。
ところが、路線バスはそうはいかない。
まず、バス停がどこにあるのか、大きな駅前だと、何カ所もバス停がある。
困るのは、道路反対側バス停ある時、道路の向こう側に行っていいのか悩む。
乗車してから、どの道を通るのか。
そして、降りるとき。目的地の近くなのか。
降車ボタンを押すのはいつ。
最近は、スマートフォンのGPSで位置が確認できるので、以前より不安は少なくなった。
GPSがないときは、地図帳で確認していたが、注意してないと、よく自分の位置を見失うことがあった。
今日は、初めての経路の路線バスに乗る。
現地で、時刻表を見ると、この経路は日に2本、朝だけ。
熊本駅から、交通センターまでは、路面電車よりスムーズに進めた。
なるほど、バスを利用するのも便利だなと思ったが、この交通センター入ってから出るまでが時間がかかる。
その後は順調に進み、降車バス停は目的地のすぐ前。
予定の時刻まで時間があったので、周囲を散策する。
目的地を行き過ぎた場所まで行ってみる。
土地勘をつけて、その場所や、訪問先に親しみができるように。
バスは、小さな冒険だ。
(毎日が夏休み107日目)

雑記2013の最近記事

  1. 子供は、好奇心と遊びの天才

  2. 1つのイメージングが、連鎖的なジャストタイムを生み出す

  3. 美は強さだが、逆は故障を招く。

  4. 突然の出来事も、前兆はある。

  5. 室内湯たんぽ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP