1. 雑記2013
  2. 3 view

突然の出来事も、前兆はある。

道路を隔てたお向かいの、梅の木が、突然、幹から折れた。
今日は、風もほとんど無く、穏やかな天気だったから、突然のこと。
幸い、木の下には誰もいなかった。
折れた木で、門がふさがれた状態になった。
持参した、ノコギリで折れた幹を切断する。
直径が20センチの幹が、実際には、3分の1程でつながっていた。
2ヶ月ほど前から、門を通るときに枝がぶつかるなとは感じていたが、あまり気には止めていなかった。
これが、前兆だった。
毎年、紅白の梅の花を、対で咲かせていた紅色の花を咲かせていた梅の木の方が無くなって、寂しい感じだ。
幹は、未だ地面から1メートルぐらいのところで残っているので、また、枝が出てくればいいな。

雑記2013の最近記事

  1. 子供は、好奇心と遊びの天才

  2. 1つのイメージングが、連鎖的なジャストタイムを生み出す

  3. 美は強さだが、逆は故障を招く。

  4. 突然の出来事も、前兆はある。

  5. 室内湯たんぽ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP