1. 雑記2013
  2. 3 view

文字、音声、映像。

本を読んだら、その内容を深める音声がダウンロードできることがある。
著者が、本の内容を深め、別の切り口で語る。
音声だと、感情を交えた表現となり、筆者に親しみが抱く。
また、本では伝えにくいような、説得する感じの印象を持つ。
さらに、DVD等の映像でみると、著者の感情が表情にあらわれ、重要な箇所がハッキリとする。
また、活字では躊躇するような内容もDVDで語られることが多い。
気に入った本。重要な本。習慣として身につけたいこと。
効果を上げるには、本や音声も何回も読んだり、聞き続けると理解が深まる。
まるで、著者の考えを、代弁するかのように、自分が語り始めているのに気がつく。
(毎日が夏休み73日目)

雑記2013の最近記事

  1. 子供は、好奇心と遊びの天才

  2. 1つのイメージングが、連鎖的なジャストタイムを生み出す

  3. 美は強さだが、逆は故障を招く。

  4. 突然の出来事も、前兆はある。

  5. 室内湯たんぽ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP