1. 雑記2013
  2. 4 view

個性の枠は取り払える?

本日、1月11日から6ヶ月受講していた講習が本日で修了しました。
20代から50代までの幅広い年齢層で受講してた講習です。
各人の個性が作品に表れ、だんだんと誰が制作した作品かわかるようになってきます。
毎回、課題や使う技術が違うのに、一目で誰の作品かわかるのは、
題材選びや、制作過程に個性が反映され、それが最終作品に
個性・作風として出てくるからだと思います。
一人だと超えられない、デザインの枠を取り払うのに良い体験でしたが、
自分の、デザインの枠を崩すのは、結構大変だとも知りました。
枠を崩すのではなく、新しい枠を追加していくは事は、割と簡単にできる。
新しい枠をどんどん取り入れていけば、それは枠を崩したことになるのだろう。
個性の枠を取り払うには、異なる個性を認めあうことだと気づいた6ヶ月でした。
(毎日が夏休み10日目)

雑記2013の最近記事

  1. 子供は、好奇心と遊びの天才

  2. 1つのイメージングが、連鎖的なジャストタイムを生み出す

  3. 美は強さだが、逆は故障を招く。

  4. 突然の出来事も、前兆はある。

  5. 室内湯たんぽ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP