1. 雑記2013
  2. 4 view

峠を越える

初めて通る峠は不安に駆られる。
この昇りは、いつまで続くのだろう。
永遠に続くのでないだろうか。
有りもしない、錯覚にとらわれることもある。
峠の頂上に立つと、いままで視界を遮っていたものが無くなり、一望できる。
自分の小ささや、何を不安に思っていたのかも忘れて、爽快な達成とくつろぎ。
サイクリングなら、下りの楽しみがある。
最初は、下りの楽しみのために上っていた。
いまは、上り坂を、如何に気持ちよく走れているかに、快感を感じる。
不安は、力のなさ、経験不足からくるのか。
もっと先を目指していないからか。
初めての峠の先に何が見えるか、わくわくするようになりたい。
(毎日が夏休み48日目)

雑記2013の最近記事

  1. 子供は、好奇心と遊びの天才

  2. 1つのイメージングが、連鎖的なジャストタイムを生み出す

  3. 美は強さだが、逆は故障を招く。

  4. 突然の出来事も、前兆はある。

  5. 室内湯たんぽ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP