1. 雑記2013
  2. 5 view

炎天下でも涼しくなる方法。

昨日、炎天下の中、歩いて1.5Km程の道を歩く。
暑い感覚はあるのだが、そこに、時折風が吹く。
そこで、涼しい感覚を味あう。
涼しい感覚が味わえたら、それを繰り返し思い起こす。
ああ、涼しい。
涼しい感覚に集中する。
また、風を感じ、さらに涼しい。
そして、涼しい感覚に支配される。
あの暑いと思っていた意識はどこにいったのだろう。
このことに、気づかされたのは「無門関」のなかにあった。
『春に百花有り秋に月有り、夏に涼風有り冬に雪有り。
もしつまらぬ事項に心をかけることがなければ。
それこそその人の生活はまさに幸せの日々である。』
映画「電車男」の一節に、ヒロインが電車男を評するときに言った。
『あなたは、なにげない日常の出来事を楽しいことに変えてしまう。』
にも通じるものだ。
炎天下のなかで、涼風を感じる心を持続したい。
(毎日が夏休み53日目)

雑記2013の最近記事

  1. 子供は、好奇心と遊びの天才

  2. 1つのイメージングが、連鎖的なジャストタイムを生み出す

  3. 美は強さだが、逆は故障を招く。

  4. 突然の出来事も、前兆はある。

  5. 室内湯たんぽ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP