1. 雑記2013
  2. 3 view

平成と昭和、22世紀。

平成も25年にもなると、学生のほとんどが平成生まれ。
会社の若い世代も、平成生まれ。
流行をリードする人たちが、平成生まれとなった。
技術の進歩も加速し、日常使う製品も25年もたつた世代交代が進む。
平成生まれの人たちには、昭和は古めかしい様式の代名詞になった。
昭和生まれには、受け入れがたいが、昭和は過去様式となった。
昭和生まれが、大正、明治に対して持っていた印象が平成の世代が持っていること改めて知る。
このような事は、2025年になると、20世紀、21世紀の比較としてもでてくるのだろう。
社会システムや、経済の仕組みがこの10年程で大きく変わり、その転換が終わっているだろう。
将来を語るとき、22世紀には、との表現が違和感なく頻繁に語られるだろう。
おもしろい時代を生きている幸せ。
(毎日が夏休み64日目)

雑記2013の最近記事

  1. 子供は、好奇心と遊びの天才

  2. 1つのイメージングが、連鎖的なジャストタイムを生み出す

  3. 美は強さだが、逆は故障を招く。

  4. 突然の出来事も、前兆はある。

  5. 室内湯たんぽ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP