1. 雑記2013
  2. 4 view

目覚まし時計の10分前

最近目覚まし時計がいらない。
目覚ましアラームが鳴る、直前に目が覚めることがよくあったが、これを応用して、
起きたい時刻を決めて、目覚まし時計をその10分後にセットする。
そして、目覚めて時計を見ると、ほぼ予定時刻に起床。
目覚ましアラームは鳴ることは無い。
コツは、起きたい時刻を、睡眠サイクルの倍数時間後にすること。
一番起きやすい時刻を、起きたい時刻にするわけだから、起きられて当然かもしれない。
10分、20分の仮眠の時は集中して起きる時刻の時計をイメージして仮眠をすると起きれるようになる。
これは、練習が必要だが、何回か行うと予定時間後に起きれるようになる。
(毎日が夏休み109日目)

雑記2013の最近記事

  1. 子供は、好奇心と遊びの天才

  2. 1つのイメージングが、連鎖的なジャストタイムを生み出す

  3. 美は強さだが、逆は故障を招く。

  4. 突然の出来事も、前兆はある。

  5. 室内湯たんぽ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP