1. 雑記2013
  2. 8 view

ショッピングモールで気配消しを試してみる

実際に店内で気配を消す歩きをしてみた。
これには、特定の商品に気を向けずに、全体をそのまま知覚して、そのまま商品を気にかけない。
人の動きを全体でつかんで、特定の人を意識せず、全体の流れの隙間を予測して、空くであろう空間に入り込む込むように一定速度で歩く。
今日の失敗は、行動が予測できなかった子供が、私に不意に気づいてビックリさせてしまったことだ。
このようにして歩くと、店内の商品配置がパターンとして記憶される。
次回は、子供への対応が課題だ。
(毎日が夏休み116日目)

雑記2013の最近記事

  1. 子供は、好奇心と遊びの天才

  2. 1つのイメージングが、連鎖的なジャストタイムを生み出す

  3. 美は強さだが、逆は故障を招く。

  4. 突然の出来事も、前兆はある。

  5. 室内湯たんぽ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP