1. 雑記2013
  2. 1 view

美術館で読書

出先で、予定と予定の間が空き、ソファーで休みたいと思った。
熊本市現代美術館が、落ち着いた雰囲気だった事を思い出し行ってみる。
この美術館は、入館が無料で利用できる。特設の催し物のギャラリーへの入場は有料である。
ホームギャラリーは無料で利用できる場所にあり、そのひとつ「本棚のアートワーク」のコーナーはソファーがある。
壁面は本棚になっていて、本棚とソファーを組み合わせた空間が展示となっている。
本棚には芸術・美術関連の書籍があり、自由に閲覧できるようになっている。
そして、30席ほどのゆったりとしたソファーが配置され、ソファーとして座ることができる。
本を1冊手に取り、ソファーでゆったりとくつろぎながら、読書。
これは、自分自身も「本棚のアートワーク」の一部になったとでもいうべきか。
1時間ほどの至福の読書の時間を過ごせた。
熊本市現代美術館は、上通りの入り口の「びぷれす熊日会館3階」にあり、待ち合わせに時間があるときには、とても便利な場所だ。
(毎日が夏休み117日目)

雑記2013の最近記事

  1. 子供は、好奇心と遊びの天才

  2. 1つのイメージングが、連鎖的なジャストタイムを生み出す

  3. 美は強さだが、逆は故障を招く。

  4. 突然の出来事も、前兆はある。

  5. 室内湯たんぽ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP